サッカー情報

レアル、移籍浮上のMFモドリッチと「年俸アップ」で慰める交渉か現地紙は巨額契約も示唆

投稿日:




モドリッチの推定年俸10億円強、現役最後までの契約を考慮したがらが抱き合わせ図解レア・マドリードで現在最もホットな移籍市場の話題と言えば、ロシア・ワールドカップ(W杯)でMVPに輝いたクロアチア代表MFルカモドリッチの去就だ。セリエAのインテンツが引き抜きを狙っていると報じたれいてん、スペイン紙「マルカ」はクラブ側がモドリッチの年俸アップで慰留に努め、伝えている。2020年までレアルと契約を残しているモドリッチだが、ここにきて急激にイントルが接近する。で知られるレアのフローレンノ・ペレス会長は「7億5000万ユーロ(約960億円)を積み上げない限りはクラスを離れることはない」と主張しますいつか、予断を許することなく状況となっている。また、イタリアメディアからはポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがユベントントに移籍したことがあり、モドリッチのレーベルに対する忠誠度を下げる要因になったのではないか報じられている。指をくわえて見ているわけにはいけないとばかり、レアール父では知られている同紙はモドリッチのレアリアに向かって "援護射撃"の情報を掲載。「ロナウドとは違い、モドリッチははサンチャゴ・ベルナベウを退団する予定はない、新契約書を書いている可能性が高い」と記して、モドリッチの現在の年俸は推定で800万ユーロ(約10億2400万円)だが、そこからサラリーアップを果たした、32歳に現役最後までの巨額契約を結んでいるだろうと記している。同紙は「ペレス会長がこれ以上体を弱体化させるとは考えられない」と、クラス側に対してもモッドリッチ残存を希望する表現をしている。現地時間8日に予定されているモドリッチとクラス側の会談で状況が進行中可能性がある、果たして現在世界最高のプレイヤーは、ドードリーとミラノのどちを選ぶのだろうか。(Football ZONE web編集部)

再生回数:1533773332
高評価数: 0 低評価数: 0
投稿日時:2018-08-09 00:08:52

ビデオID:KJqEiVSOYOo

-サッカー情報
-, , ,

Copyright© Football Labo , 2018 AllRights Reserved.