サッカー雑談

Jを目指す細く長い道

投稿日:

w640_h480_5829649b-a4a4-4b66-82da-054ed3093d95

引用元: ・http://www.jfa.jp/match/regional_league_2016/

11月25日から11月27日の3日間、全国地域サッカーチャンピオンズリーグが開催されます。

この大会は去年まで全国地域サッカーリーグ決勝大会と呼ばれていましたが、2016年から大会名称が改められました。

この大会の優勝チームと準優勝チームにはJFL昇格の権利が与えられ、この大会を勝ち上がることが現状J入りを目指す唯一の手段となっています。今年はすでに1次リーグが終了し、昇格争いはFC今治、ヴィアティン三重、鈴鹿アンリミテッド、三菱水島FCの4クラブに絞られました。この大会に出場するためには地域リーグで優勝するか、全国社会人サッカー選手権大会で3位以内に入らなければならず、またこの大会でも90分の試合を三日連続で行い、90分で決着が付かない場合はPK戦も行うという非常に過酷なものとなっています。このため落とし穴がそこかしこに存在し、毎年本命と属されているクラブが早々に敗退してしまうということも珍しくありません。

今年も、元日本代表監督の岡田武史氏がオーナーを務めるFC今治が本命の一角と目されていましたが、1次リーグで敗戦を喫しあわやと思わせる場面もありました。

J1のチャンピオンシップやJ2の昇格プレーオフほどの華やかさはありませんが、この大会を見ることで、サッカーはレベルで見るものではないということが実感できることでしょう。

-サッカー雑談
-

Copyright© Football Labo , 2017 AllRights Reserved.