サッカー情報

史上最攻撃SBマルセロ超プレース集マルセロ・グレイ・ウーマイ・スキルズ

投稿日:




マルセロ・ヴィエイラ・ダ・シウバ・ジュニオール(Marcelo Vieira da SilvaJúnior、1988年5月12日 - )は、ブラジル・リオデジャネイロ出身のサッカー選手。ポジションはディーフェンダー。リーガ・エスパニョーラ・レアル・マドリード所属。ブラジル代表。過去にブラジル代表、レー・マドリードでプレーしたロベルト・カルロスの後継者と呼ばれる。

リオデジャネイロ、カテテで消防士の父と教師の母の元に生まれる.9歳の頃にフットサルを始め、13歳でフルネネンセFCのユーズムに加入。
当初ミッドフィールドとしてはプレイしていたが、スピードを生かすためのバックにポジションを下げた。フェニールに所属していた時に貰った初めての給料は、全て祖父に渡した。

2007年1月、移籍金600万ユーロでレアル・マドリード移籍。
2009年、監督にファンデ・ラモスが就任する。マルセロは守備が不安視されたためにハード・で起用され、ガブリエル・エインセが左サイド・バックでプレッシした.MFでも高い能力を発揮し、イケル・カシーニャスに次ぐ出場試合数、出場時間、9アシストを記録した。
2010年5月31日、ジョゼ・モウリーニョ監督就任。彼も当初はマルセロの守備を疑問視していた、自らの指導によって評価を一変。2010年10月のインタビューで「マルセロのことは評価ですしていなかった。彼はディフェンダーじゃないと感じていましたね。だが今は、彼を高評価している」と語っている。
2015年7月10日、レルム・ドードーとの契約を2020年6月30日まで延長。夏の市場でカシェーズが移籍し、副キャンプテンに就任。
2017年9月14日、レアル・マドリードとその契約を2022年6月30日まで拡張した。

ブラジル代表として2008年北京オリンピックで銅メダルを獲得。2012年ロンドンドラえもんにエイジ枠として出場し、準優勝の銀メダルに貢献。
2014年ワールドカップでは開幕戦のクロアチア戦でオウンゴールを決し、史上初の大会初ゴールはオウンゴールとなった。

プレイスタイルは、世界でも最も攻撃的なサムバック。
常にに攻撃を最優先して、自陣でもボールを持ってばDFラインの裏目がけで蹴り込み大だ、大胆なドリル突破を仕掛けてください。特にロングカウンター時のファイルが抜きで、受手にぴったりと届く曲線は芸術的である。そのキック力を活かした強烈なシュートもあり、2017年の日本戦でも圧巻のゴールを決めている。
その試合に出場した長友佑都は「マルセロは異次元、イニエスタがサムバックやってるみたい」と絶賛した。

特筆すべきは運動量で、世界屈指の攻撃力を120分にわたって発揮することができる.2016-17シーズンのCL準決勝バイエルン戦では、拡張後半にDFを三人抜きでダメ押しゴールをアシストしている。
守備力に関しては、批判の的になっているが、これは攻撃的なバックボーンの宿命である。彼がオーバラップする分、カゼミロやセルヒオ・ラモスが踏ん張ればいいのだ。実、守備に専念したときのねばり強いタックルや、ゴールライン時をカバーする意識の高さは目を見張るものがある。プレーが派手なあまり、地味なプレイの印象が薄いのも批判の要因ではないだろう。
個人的には守備力よりも、自陣深くリスクありプレ選択が多いのは気になるとこです。

ミュージックトラップフェイス - フォワード/ Robert Gasser - rob gasser - happy / Axol - Mars。

再生回数:1520600304
高評価数: 804 低評価数: 39
投稿日時:2018-03-09 12:58:24

ビデオID:jUXTsDFcDqs

-サッカー情報
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© Football Labo , 2018 AllRights Reserved.