サッカー情報

パウリーニョ解体新書【批判を称賛に変えた男】How to to Paulinho。

投稿日:




パウリーニョ(Paulinho)それと、ジョゼ・パウロ・ベセラ・マシエル・ジュニオール(JoséPaulo Bezerra MacielJúnior、1988年7月25日 - )は、ブラジル・サンパウロ州サンパウロ出身のサッカー選手。リーガ・エスパニョーラ・FCバルセロナ所属、ブラジル代表。

2004年から母国のPAECユースに所属し、2006年にリトアニアのFCヴィリニュスでプロデュース。2007年にはポランドのŁKSウッチに移籍した。
2017年12月、英紙「ガーディアン」のインタビューで「リトアニアでは人種差別を受け取り、ポーランドでは給料未払いになった。でもサッカーはやらない、19歳の時に引っ張りしようと思った」と散々な日々を明かすてい。
だが、すみに妻も子どもいた彼は「あなたができるのはサッカーだけです?」と説得され、現役継続を決意する。

2008年からブラジルのPAECに復帰し、2010年はコリンチャンスで南米カップを制覇、クラブ・ワールドカップでは欧州王者チェルシーを倒し世界王者となった。
2013年7月6日、プレミアリーグのトッテナム・ホットスに1700万ポンドで移籍。当時ポチェッティー監督とその戦術不一致などが理由で持ち味を出せず、出場機会は数えるほどだ。
2015年6月29日、中国サッカー・スーパーリーグ広域恒年に移籍。移籍金1400万ユーロ(約19億円)の4年契約.63試合16ゴールを決める、主力として活躍する。
2017年8月14日、スペインのFCバルセロナへ移籍。4年契約で移籍金4000万ユーロ(約50億円)、契約破棄金は1億2000万ユーロに設定された。

当初、パウリニオの獲得は批判的なものばかりだった。中国リーグ所属、29歳の年齢、高額な移籍金。フィジカル重視のプレイスタイルも「バルサに合わない」と元バルサのシャビに公言されるほどだって。
しかし、いざ試合に出れば、力強いプレイと得点力。何よりメッシュと抜群の連携を見せ、あとで間にレギュラー級の扱いになった。
不屈の闘志を持ち、強烈な存在感を放つパウリーニョの今シーズン序盤戦を振り返る---

KAFRA - Kift Me Up / RetroVision - ヒーローズ/ FFX襲撃/ファントムセイジ - The Light / Axol x Ales Skrindo - You。

再生回数:1516785661
高評価数: 3125 低評価数: 106
投稿日時:2018-01-24 09:21:01

ビデオID:tFrpkGkpJL0

-サッカー情報
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© Football Labo , 2018 AllRights Reserved.