サッカー情報

デル・ピエロ超プレイ集【ユヴェントスの伝説】デル・ピエロベストスキルレジェンド参戦記念

投稿日:




アレサンドロ・デル・ピエロ(Alessandro Del Piero、1974年11月9日 - )は、イタリア・ヴェネスト州トレヴィーゾ県コネリアーノ出身の元サッカー選手、イタリア代表。ポジションはフォワード。

1991から92シーズンにセリエB(当時)のカルチョ・パドヴァでキャリアをスタート。
1993-94シーズン、セリエAのユヴェントントに移籍。翌シーズンからロベルト・バジョの不調により出場機会が増加。リーグ優勝に貢献した。
1995-96シーズン、バジェットはACミランに移籍したことで空いた背番号10を引き継いだ。チャンピオンズリーグとトーヤカップ(クラブワールドカップの前身)を制覇し、ミシェル・プラティニ、バッチが背負った番号にふさわしい活躍を見せた。
1997-98シーズン、フィリッポ・インザーギとジネディー・ジダンが加入.3人で4312の前線を形成する夢のトライアングルとなった。リーグ連覇を果たして、自分も21ゴール、チャンピオンズリーグ得点王(10ゴール)も獲得した。
1998年11月、左膝十字架帯断裂の重傷を負う、9か月のリハビリ生活を送る。その後に小さな障害を重くする、そのたびに克服してはゴールを量産した。
2005-06シーズン、当時のファビオ・カペッロ監督は、前年にしてイブラヒモビッチをエースに据えて、ドル・ピエロをサブに置きました。スーパーサブとしてデルフエロはリーグ12得点をあげ、イブラヒモビッチはは7得点にとまった。
2006年、カルチョ・スキャンダルによってユベントスがセリエB(2部)降格。イブラヒモヴィッチル多くの主力が離れるが、ル・ピエロとブッフォン、それでネドベドは忠誠を誓い残しました。超スター選手が2部でプレースする異常事態の中、ル・ピエロは当然のように得点王となり1部昇格の原動力となった。
2008-09シーズン、チャンピオンズリーグでレアル・マドリードと対戦。グループリーグ2度の対で3発のゴラッソを流し込みで見せた。
2011-12シーズン、ユヴェントスを退団し、オストラリアのシドニーFCに移籍。2014年、インドのデリー・ディナモスFCに移籍。その後は退団、表明これはないが実質的引退状態となっている。

イタリア代表デビューは1995年3月25日のエスティニア戦。代表通算27得点は、バジオと並んで歴代4位タイ。
プレイスタイルのかぶるバッジやトッティの影となり、ユーロやワールドカップ本大会で主役となることはなかった。
2002年日韓ワールドカップ、グループのメイシコ戦で途中出場し、自分の大会初ゴールを決める。右手の人差し指で天を指すパスポートを見せ、開幕前に亡くなった父に捧げた。(5:02 )
2006年ドイツ大会では、準決勝ドイツ戦の延長戦から途中出場。終了時にアルベルト・ジラルディーノからのパスを受け取り、これで「ドル・ピエロ・ゾーネ」と美しい一撃を決める。(4:04)決勝でもPKを決める、イタリア4度目のワールドカップ優勝に貢献した。

音楽Alex Skrindo - ジャンボ/アルト・ギャラクティック・アイ - アウェイ/エンニオ・マラック - 別れ。

再生回数:1522319612
高評価数: 502 低評価数: 26
投稿日時:2018-03-29 10:33:32

ビデオID:zEj4ob02gYU

-サッカー情報
-, , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© Football Labo , 2018 AllRights Reserved.