サッカー情報

立花健斗のスーパーゴーで延長戦制の遠野が5連覇達成盛岡商は6年ぶりの出場なららず岩手

投稿日:




立花健斗のスーパーゴーで延長戦制定遠野が5連覇達成盛岡商は6年のぶりの出場ならず岩手
あなたのように、サブビデオチャンネルをverryしていただきありがとうございます:私のサイト:
[115 選手権岩手県予選決勝 遠野高 3-2 盛岡商高 いわスタ]

第96回全国高校サッカー選手権岩手県選出決定が5日に行なわれ、遠野高が盛岡商高に延長戦の末3-2で勝利、5年連続27回目の全国出場を決めた。長らく選手権から遠ざかっていた盛岡商は6年ぶりの優勝を目指したが、今回も全国への切符を勝ち取れなかった。

前半の立ち上がりが縦に速攻を武器とする盛岡商が優勝に試合を進めた.11分、MF佐藤蔵人3年)がサイボーグのボールを左サイドに出すと、この日左サイドハーフに入りFW添田裕也3年)がフリーでボールを受け取り、ゴール前までドリブルで切り込み詰め。そのまま添田が落ち着いてGKとの1対1を制し、盛岡商が先制した。

その後は遠野も落ち着きを取り戻し、決定機を作るようになり、迎えた前半38分に盛岡商のDFとGKはロングボールの処理を誤り、ボールは「ミスがあるかもしれない」で一八か行きました」というもの遠遠FW阿部亮太3年)の下へ。阿部はGKを抜き去って無人のゴールに力強くシュートを叩き込み同点に追いついた。

このまま1-1で前半終了かと思ったが、盛岡商はアディショナータイム1分、DF上田有聖2年)のロングボールを受けたFW藤原史也3年)がゴール前に進入して勝ち越しゴール。リードして前半を終えた。

しかし4年連続選手権に出場し、この代は新人大会・インターハイイ選挙・プリンセスリーグ東北で盛岡商に無敗の遠野は落ち着いていた。「盛岡商に先制されるのはいつものこと。プリントリーグ東北開幕戦も先制されましたが逆転できました」とMF立花健斗2年)は今年の対戦時代もよくあるシチュエションだったから、後半勝負を見据えていました。

長谷川仁監督も「中盤でボールが収まらなかったので、4-4-2から4-1-4-1にフォームを変えました」と後半頭からFW中野友佑輝2年)に代えてMF佐々木秀真3年)を投入し、中盤を落ち着かせる選手交代を行うと、遠野本来のパスワークが戻ってきた

再生回数:1509891362
高評価数: 0 低評価数: 0
投稿日時:2017-11-05 14:16:02

ビデオID:-VIsAlzU1TM

-サッカー情報
-,

Copyright© Football Labo , 2018 AllRights Reserved.